#4 ボヘミアンラプソディー

 

エピソード6【死のひょっこりはん

 


f:id:kurochan719:20181207070502j:image

 

昨日角島からの帰り道、夜になって暗い山道でガードレール脇から鹿が"ひょっこりはん"してきて衝突しかけたのよ。

 

それが危なかったんだけど、もう少しタイミング急だったら俺も鹿も速度的にも場所的にも死んでもおかしくなかったと思う。

 

鹿っつってもバンビみたいなサイズじゃないよ。立派な角が生えてるシシガミ様サイズの牡鹿。超ビビったわ。

 

シシガミに魂奪われてたかもしれんと思うと、布団に入ってから震える。

 

 

布団の中で冷静に死を考えると、真っ先に浮かぶのは「俺はなんて親不孝な人生を過ごしたんだろう」ってこと。

 

今まで自分の人生を考えたとき、親のことなんて何にも考えなかったのに。

 

 

 

 

エピソード7【懺悔のカフェ】

 

イギリスと言えば、

007

トライアンフ

フットボール

ミスタービーン

エマ・ワトソン

そして、ロックの国なわけですが、クイーンもまたイギリスのロックバンドです。

 

今話題の『ボヘミアンラプソディー』を映画館で観てきました。

 

 

俺もようやく整理ついたんだけど、ボヘミアンラプソディーって曲はフレディの懺悔の歌なんですね。そう思った。

 

フレディがあれだけ情熱かけて作詞作曲したのは自分の歌だからなんかなと。

 

ボヘミアンラプソディーが6分もあってラジオに流せないとかいう理由でプロデューサーみたいな人に否定された時、めちゃくちゃにぶちギレるのも当然。

 

あれは売れはじめて調子にのってるわけではなく、フレディ自身の歌、自分自身を認めてもらえないってことだからあそこまでいった。

 

 

世の中にどう思われようと構わないとは言うけれど、家族に認められないっていうのは辛い。

 

フレディみたいにあれだけの才能を持っているから、自分を信じることができた。父親の誘導に乗らない。

 

結果的に父親とも和解はするのだけれども、フレディのメンタルにはだいぶこたえてたはず。映画中にもフレディの闇シーンはいくつか表現されてる。

 

 

家族に認められない、バックボーンがない環境でもフレディがそういうグレた選択肢をとって生きていけたのは、パフォーマーとして生きるという術があったから。

 

もうその術に一辺倒なもんだから、すごいエネルギーを注ぐ。生命エネルギーの全てを。

 

そして、最後の感動のライブシーンに繋がる。

 

 

 

 

その映画見る直前、実は僕も懺悔してました。

唐戸にある「わすれじの」ってカフェに1人バイクで行ってきたんです。

 

ずっと前から気になっていて、てっきり「わすれもの」だと思ってたんだけど、違った。

 

カウンター席に座って、

「俺をとろけさせるチーズほっとケーキ」と「なんたらかんたらのコーヒー」を頼みました。

 

店長さんは僕の母親ぐらいの女性の方で、サザンオールスターズの大ファン。

 

お店の名前とか、メニューのネーミング、お店の中の内装にサザンオールスターズが展開されています。

 

たしか、お店を出した経緯の話からだったか、店長さんには25歳の息子がいて、息子の将来が悩みの種だという話を聞いて、

 

あっ、これは話さねばと思い

 

僕も息子さんと同い年ですが、今大学3年生してまして、親には散々迷惑をかけているところです。と懺悔。

 

今日乗ってきたバイクも実は親に内緒で買っているとか、就活の話だとか、自分の母親に懺悔する気持ちで話して

 

最後には親孝行者で申し訳ありませんと何故か謝るまで至りました。

 

 

店長さんはどう思って聞いていたのかわかりませんが、優しく聞いてくれていました。

 

俺がフレディと違うのは、

特出した才能があるわけではないこと。

ゲイではないこと。

生きる目的、術を見つけていないこと。

 

 

目的さえ決まってしまえば、俺もまた生命エネルギー消費できるんだけどね。

 

俺もフレディみたいに魂燃やしたい。

魂燃やせる何かに出会いたい。

 

 

 

#3 ホントの望みは何か

 

クリストファーノーラン監督の『インセプション』あるじゃないですか。

 

久しぶりに観たんですけど、何度観ても見劣りしないですね。俳優もみんな好きな俳優だから尚更です。

 

 

ラストシーン、主人公がトーテムを回してそれが周り続ければ夢の世界、止まれば現実世界であることがわかるんですけど、

 

それがわからないように映画は終わるんです。

 

でも主人公はトーテムを回しておきながら、夢か現実かの確認なんか後回しなんです。

 

 

彼の本当の望みは自分の子供達に会うことだからです。

 

 

 

 

 

 

 

エピソード5 【後輩の相談】

 

寒くなってきまして、人肌恋しくなってくる季節でございます。

 

後輩が気になる女の子とデートに行くというイベントが控えているというので、相談にのってほしいとLINEが来ました。

 

もともとその日は、ズカオとツーリングでカフェに行くことになってたんですが、後輩に誘われると嬉しいのが先輩心というものでして、

 

 

後輩:ヨット部時代の後輩。たまに飲みに誘ってきてくれる。ミスチルが好きな好青年。

 

ズカオ:ヨット部時代の同期。僕の唯一のツーリング仲間。浜辺美波ちゃんで頭がいっぱい。

 

たいさん:元ヨット部。映画を観るのが趣味。西本けんじろうに似ていると言われる。

 

 

以上の彼女なしのハンサム3人で、噂のオシャレカフェ「バグダットカフェ」に行って参りました。

 

 

 

バグダットカフェって言ったら、太っちょのおばさんがいるあの『バグダットカフェ』を連想するじゃないですか。

 

 

なにやら素敵な古民家カフェでした。アロハのライブがやってたこともあってか、僕はあんまり落ち着けなかった。

 

 

 



f:id:kurochan719:20181111033247j:image


なんか服の色が古民家ですね。

 

 

ズカオはとても真面目に相談にのってくれていました。

 

「週末だと混むからなあ、駐車が心配だなあ」

 

「駐車場は~~なら多分大丈夫だと思う」

 

「Levi'sの向かいのオムライス屋はオススメだ」

 

 

ズカオはとても後輩想いなのだと見てて思います。

 

 

僕はデートとかあまり計画立てるほうではないですが、計画立てること自体は楽しいのと、後輩があんまり恋愛に関しては器用でないようなので、いろいろアドバイスをいたしました。

 

しかし、よう考えてみるとこうです。

 

男は格好つけたいし、相手を楽しませたいのですが(あとエッチも少々)、デートで本当に1番気にしないといけないのは、当然ですが相手です。

 

よく男女関係って自分が望んでいる願望やイメージを相手に押し付けて「自分が~自分が~」になりがちですけど、

 

自分のホントの望みはなんですかね?

 

 

デートの目的はクールにデートコースをこなすことではなくて、相手を知ることだと思います。

 

 

 

こんな感じで、彼女いない先輩2人が熱く語ってたわけです。

 

 

 

そろそろやめとこ。

 

 

エピソード5  終

 

 

 

 

 

#2 女子会に参加したい

 

アメリカのコメディって90%下ネタだよね。

 

小学生の頃『ナッティプロフェッサー』っていうコメディ映画観たんだけど、その映画の主役の鬼デブ変態教授が放った台詞が今でも脳に染み付いてる。

 

「僕のナニと君のソレで作ったホットドッグをペロペロしたいな」みたいな。

 

 

横で観ていた妹(6~7歳くらい)が何のことかわかってないだろうに、爆笑してた。

エディーマーフィー(鬼デブ変態教授役)の顔芸で笑ってたのかな

 

子供ながらにアメリカの笑いはなんて下品なんだと思った。

 

 

 

 

エピソード3【無憂庵】

 

 

もう何週間か前になってしまったけど、山口市のほうの寺カフェを目指して行ってきました。

 

今回はお供に2人。

食堂ボランティアエースにして卓球部副キャプテン、フルマラソン二回走破して富士山にも登頂しており、次はSASUKEに出場して第一ステージをクリアするのが目標の苦行チャレンジャーしんちゃん。

 

そして、今自動車学校で1番うるさい悲鳴を出しながらバイクの免許獲得や、簿記、フランス語検定などいろいろスキルを身に付けているが、1番凄いスキルは無限連射トークのダイセキさん。

 

 

そしてわたくし、特技は定休日の店の前で立ち尽くすこと、たいさん。

 

 

この流通下ネタ大好き3人で車で行ってきました。

 

 

僕は就活とか卒論とかゼミ配属の話とか迫り来る真面目な話をしたいと思って二人を誘ったんだけど、

 

 

まあ車での話題は大体アメリカのコメディと同じだった。むしろもうちょい低俗だった。

 

 

ほとんどウンコの話だった。

 

 

 

なんでウンコの話ってみんな盛り上がるんですかね。

 

 

そうこうしてるうちに到着するのですが、とてもオシャレなカフェがあるような雰囲気ではなく、僕ら3人はとてつもない場違い感に包まれました。

 

 

なんか本堂のところに男おみくじ、女おみくじとやらがあって、困っていた僕らはそれを引いたのですが

 

 

たいさん 大吉

キーワード「情」

 

だいせき 吉

キーワード「愛」

 

しんちゃん 中吉

キーワード 「雄」

 

 

 

しんちゃん十分雄なんだけどね。

下ネタ大好きの僕らは"しんちゃんの雄"がジワジワきてしまい、ガハガハ笑いながらその場を退散しました。

 

寺カフェとは如何なるものか僕もよく知りませんが、少なくとも飲食店は下ネタを話す場所ではありませんね。

 

 

チラッとそれっぽいところはあったのですが、寄らなくて良かったと思います。就活とか卒論とか憂いながらお茶飲んでも美味しくないですからね。

 

しばし現実を忘れて楽しい休日になりました。

 

 

エピソード3【無憂庵】  終

 

 

 

 

 

山口市山口県の県庁所在地ですが、田舎です。

 

しかし、とても良い街の雰囲気があります。

 

 

 

エピソード4【2本のみち】

 

結局無憂庵を後にして、「むくの木」という喫茶店に入りました。

 

ここはもうこれで4回目の知ってる喫茶店です。

 

あそこのまるで木の中のリスの家みたいな店内とオーナーさんの渋いコレクションが並んでる雰囲気が僕の心を落ち着かせてくれます。

 

山菜ピラフが美味しいですよ。

 

 

茶店出たあととても気持ち良かったので、周辺を散歩しました。

 


f:id:kurochan719:20181108231151j:image

 

これは夏頃に撮った写真で、その時の写真ではないけど。

 

 

山口市には国道9号が南北を貫いていて、どこの都市にも見られるバイパスの風景と、

 

一本外れて山口市ならではの雰囲気を見せる県道204号が国道と平行して南北を貫いています。

 

県道204号は美術館や昔からありそうな個人商店街などが並んでおり、おそらく旧道バイパスだったのではないかと推測します。

 

 

二本のみちはまるで対照的です。

片方は合理的に真っ直ぐ伸びていて、皆がよく知るユニバーサルな風景。

 

片方は付けたし付けたしでぎこちない線で、車でスピードが出しづらく、ユニークでおもしろいお店が並ぶ風景。

 

当たり前ですが、バイパス道路とはその街に用事はなく、車の流れをどんどん良くする目的の道路です。

 

対して街のメインストリートはその街に用事がある、留まるゆっくりした流れがあります。

 

 

どちらが良い道で悪い道とかいう話ではありません。

 

対照的なのが気になるという話でもありません。僕の地元宮城県仙台市も同じで2本のみちの環境が形成されています。

 

 

僕が興味深いと思うのは栄え方です。

 

 

経済的に発展成長を追及していくと、どんどんユニバーサルになっていきます。ユニクロとかトヨタとか。

 

 

しかし、ユニークなお店って癖が強いからお客さんを選ぶんですよね。でも盛り上がってるじゃないですか。

 

経済的に栄えているのに対して、文化的に栄えてるって言えば良いんですかね。

 

 

水産業にも言えることがいろいろありそうですが、みんなはどう思いますか。

 

 

 

 

 

 

 

#1 お婆ちゃんのコミュ力

 

エピソード1 【トトロの巣穴】

 

 

 

10月半ばでございます。

 

自分のノリはまだ夏休み明けだったんだけど、山のほうバイクで走ってると完全に冬で毎回ビックリしてる。

 

 

毎回「冬じゃん」ってバイク乗りながら呟いてる気がする。

 

というのも角島山道コースにも飽きてきている頃で。

いろいろ開拓しては酷い道に出たり、

菊川の方に出たり、

プリウスと競争したり、

菊川の方に出たり、

トンビと衝突しそうになったり、

不気味な森を抜けて菊川に出たり、

菊川に出たりするんだけど、

 

 

度々看板を見つけるのよ。

風車の見える喫茶店ウィンディって。

 

おお、良さげだな。

寄ってみようと思って矢印の方の道を走ってると、なんか191号に出るか菊川にいるんだよね。

 

トトロの巣穴みたいに、なかなか辿り着けないのよ。

 

 

ナビを使ってもいいんだけど、それは俺のバイクに乗る上でのアドベンチャーポリシーに反するから、直感で辿り着きたいのよ。

 

 

 

 

 

 

先日ナビを使いましてウィンディに到達しました。

 

これはナビ無しでは絶対無理だった。

「うそやん、こんな道先に行っても墓しかないじゃん」ていう道を通って、山を登って登って登りきったらあった。

 

「到達」なんだよ。

山を抜けて、登りきったら見晴らしの良い景色に迫力の風力発電の風車がそびえ立ってる中に、あった。

 


f:id:kurochan719:20181024044815j:image

 

しばらくお店に入らず景色を眺めてた。

 

 

ウィンディでハンバーガー食べながら考えていたのは、カフェって落ち着けるかどうかが大事だなあって。

 

茶店まわるのは好きだけど、

俺はコーヒーの味はよくわからん。

 

 

俺の目的はバイクに乗って走ること。

別に目的地はどこでもいいし、無くてもいいんだけど何となく味気ないので、せめて休憩地点が欲しいわけです。

 

そこで喫茶店に寄るんだけど、僕にとっては駐車スペースがあることと、落ち着いて休めるかどうかが大事なんです。

 

 

心から落ち着けるカフェには、またトトロの巣穴だろうがどこだろうが再来します(なんか貧乏神みたいだがお金はちゃんと払う)。

 

ウィンディにはカレー食べに再度行きたいと思っています。

 

僕は完全に心を許しているのですが、ウィンディは"トトロの巣穴"呼ばわりしている僕を許してくれるのでしょうか。

 

 

 

 

 

エピソード2 【お婆ちゃんのコミュ力

 

 

ウィンディの帰り道、小串のローソンに寄りました。

 

雑誌を買いました。

レジに持っていったら、対応してくれてレジの店員さんがお婆ちゃんだったんだけど、

 

お婆「640円です」

 

俺「・・・(小銭渡す)」

 

お婆「この表紙の女の人こないだテレビに出てたね」

 

俺「??、、」

 

俺「あぁ、そうなんですか、(満面の笑顔)」

会釈して立ち去る

 

お婆「ありがとうございました(ニッコリ)」

 

 

 

 

お婆ちゃんって凄いなって思った。