エイリアンはアクションホラーであれ

 

今更だが、リドリースコットの新しいエイリアンシリーズがいまいち盛り上がりに欠けるのはきっと内容が面倒で難解だからだと思う。

 

 

俺も「プロメテウス」観て素直につまらなかったって思ったもん。2作目は観る気にならない。

 

キューブリックの「2001年宇宙の旅」みたいな映画なら、長くても1作品にまとめてもらったほうがいいし、わかりやすくしたらうけたんじゃないの。

 

元々エイリアンが創造された設定自体がなかなかおもしろいから期待してた。

 

 

 

でももういい、今期はSFがアチイー。

 

パシフィックリム アップライジング

レディプレイヤー1

ハンソロ

 

 

こういう映画は映画館で観てこそ真価が発揮される映画。そうゆう映画で、そうゆう目的でつくられてるもん。

 

映画館で観るべき映画。

 

 

秘境!国東半島の真ん中!

 

 

【3/28】

 

(経由地)

国東⇒中津⇒行橋⇒関門トンネル⇒下関

 

(ミッション)

富来町で運勢を占う

椿堂に訪問

中津で唐揚げを食べる

 

こんな感じで、3日目はあんまり予定を立てていなかった。ほぼ自由。その時に行き先を決める感じで非常に気楽。

 

だから、10時くらいまで宿で温泉浸かりながらのびのびしてた。

 

国東半島は一周する快走路があるけど、それではつまらんと思う。

 

やっぱり中央の秘境エリアに突入するしかないのだ。国東半島は日本の秘境100選にも選ばれている。

 

一日目は海を!

二日目は山を!

そして最終日は秘境を!

 

大分空港までは周回コースを走り、富来町に到着。

 


f:id:kurochan719:20180329132446j:image

地元の子供らと運勢を占う。

ネコのお腹に穴が開いてるでしょ、そこに石を入れて運勢を占う。

 


f:id:kurochan719:20180329132514j:image

 

小吉。

 

子供ら曰く、石の入れ方にコツをつかめば百発百中で大吉になるとか。

 

 

試しにやってもらったら小吉だった。

 

 

 


f:id:kurochan719:20180329132719j:image

 

凄いわかりやすく描いてる地図でしょ?

全然違うから。こんな簡単じゃないから。

 

俺は道を一本間違えたおかげで迷った。

スマホは圏外で現在地を確認できない。

 

 

とりあえず真っ直ぐ走ればどこか他のルートにぶつかると思い、走っていたら通行止めの看板が。

 

俺「またまたご冗談を 笑」

 

なんで行けると思ったのか。

 

違う。引き返すのが嫌だったのだ。

 

結局通行止めの看板は見逃したことにして、そのまま突破。

 

落石や木々が散乱している悪路を登って降って、なかなかの恐怖体験。

 

途中、水を塞き止めているところがあって、そこから山を見上げることができた。

 

で、走行中だったので一瞬しかみえなかったのだが、確かに白くてユラユラした四角い風船みたいなのが10個くらい見えた。

 

なんだろあれ、、、ひょっとして、、、

 

 

ネットで怖い話を読むのが好きな僕が連想したのは、ヤマノケ。

 

てん・そう・めつ

 

って呟きながら人に乗り移って離れないやつ。

 

うわああヤマノケだったらどうしよ~~

 

って思いながら分かれ道に差し掛かる。ここでエンジン止めてツーリングマップルスマホを使って現在地を確認。

 

現在地やはりわからん。

おそらくこっちだろうと検討つけて出発しようとしたら、エンジンかからん。

 

はっ????

 

はっ????

 

 

キルスイッチ?違う?

えっ、どうしたおい、、、

 

道は急斜面のため、サイドスタンド立てて駐車もしづらい。

 

 

こわい。なんで?

電波も通じないし、んもー。

 

 

てん・そう・めつ

 

てん・そう・めつ

 

てん・そう・めつ

 

 

 

ヤバいヤバい、ヤマノケに追い付かれる。

 

 

てん・そう・めつ

 

てん・そう・めつ

 

 

あ、ああヤバいホントに近づいてる。

やられる。通行止め入らなきゃよかった。

ああ神様お願い助けて。

 

モンハンみたいに救難信号パアアーンって空に打ち上げたい。

 

 

てん・そう・めつ

 

てん・そう・めつ

 

 

 

 

 

 

 

。。。。。

 

うわああああああああああ

 

 

ハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタハイレタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局キルスイッチだったね。

通行止めのルートは入ってはいけません。

 

まあ突破できちゃったんだけどね。

小吉の運勢使っちゃったかな。

 

 


f:id:kurochan719:20180329135435j:image

 

開けた場所に出てこれた。

 


f:id:kurochan719:20180329135508j:image

 

のどか。

 

 


f:id:kurochan719:20180329135551j:image

 

椿堂に到着。空海を祀ってる。

 

線香をあげてきたんだけど、まさかここでカッコいいからという理由で持ってきていたライターが役に立つとは思わなかった。

 


f:id:kurochan719:20180329135717j:image

 

ニャンコちゃん。

凄いスリついてくる。8の字にスリついてきて、延々とスリスリして撫でて撫でてと要求してくる。

 

俺「いつまで8の字を続けるんだお前は」

 

俺「無限ループだなあ、はっはっはっ」

 

俺「!!!」

 

俺「これは8の字ではない、∞だ!!!」

 

俺「大日如来だ!宇宙と一体化している!」

 

 

 

 

てか、写真撮ってたら一枚変な写真撮れたんだよね。

 

 


f:id:kurochan719:20180329140318j:image

 

なんなんだろう、この青い結界みたいなの。

 

写真詳しい人教えて。

 

 

椿堂はおもしろいところで、大量の髪の毛や、ギブス、松葉杖などが祀られてた。

 

ちょっと不思議な世界。

ここはまた来たいですね。

座禅しに来たい。

 

 

椿堂をあとにして、残すところは中津で唐揚げを食べるだけ。

 

中津市を目指す。

 

中津には唐揚げ専門店がたくさんある。

 

f:id:kurochan719:20180329140547j:image

 

ご馳走さまでした。

 

財布すっからかんで帰ってきたわ。

 

九州ツーリングはもう一回やりたいけど、今度は宮崎と鹿児島も行かねばね。

 

 


f:id:kurochan719:20180329143402j:image

 

おわり

くまもんに用はねえ

 

【3/27】

 

(経由地)

諫早⇒島原⇒熊本⇒阿蘇⇒湯布院⇒別府

 

(ミッション)

フェリーで熊本に渡る

ミルクロードを通る

大観峰を訪問

やまなみハイウェイで膝スリ

別府温泉に入る

 

 

2日目の道のりはなかなか長距離なので、ちょっと不安だった。

 

特に10:15の島原発熊本港行きのフェリーに乗り遅れたら大変である。長崎のホテルを7:00に出発。

 

長崎市は原付やスクーターが多い。

そしてみんなすり抜けしていくんだけど、ANTI SRNKとしては朝の渋滞も我慢して車の後ろに付いた。

 

諫早市までは長崎バイパスに乗って速かったが、それからが地味に長い。

 

しかし、この日も気温がポカポカしてて気持ちよかった。

 


f:id:kurochan719:20180329113029j:image

 

雲仙普賢岳

朝の農道は走ってて気持ちいいです。

 


f:id:kurochan719:20180329113144j:image

 

道のり長く感じたけど、スイスイ走れたからフェリーの時刻には余裕で間に合った。

 


f:id:kurochan719:20180329113429j:image

到着。高速カーフェリーに乗るぜ。

 


f:id:kurochan719:20180329113524j:image

島原港から見た雲仙

 


f:id:kurochan719:20180329113602j:image

噴火するとこうなる

 


f:id:kurochan719:20180329113623j:image

 

俺の産まれた日に最高記録を記録したらしい。

 

お土産に抹茶カステラ買おうと思ってね。

コンビニでお金おろそうとしたら口座が空っぽなのよ。

 

あれ、9万くらいあったんだけど、、、

 

あ、今日27日か。引き落としの日だ。

電気代、ガス代、ネット回線、バイクローン、カード支払い、保険料、その他諸々の引き落とし。

 

ありゃりゃーーーーー

財布の中身7000円。ガソリン代はなんとかなるが、宿の料金が7000円くらいしたはず。

 

宿に支払いでカードが使えるかどうか電話で確認。使えるとのことでセーフ。

 

フェリー利用代金

バイク750cc以下は2500円。

 

お金に余裕なくなると一気に旅が楽しくなくなるので要注意だ、

 


f:id:kurochan719:20180329114446j:image

 

フェリーに乗船。こんな感じで固定される。

 


f:id:kurochan719:20180329114521j:image

快適だが、わずか30分で熊本港に到着する。

 

 

フェリーから降りて、熊本に上陸する時、逆にフェリーに乗船待ちのライダー達とハイタッチしながら上陸。

 

非常にテンション上がる。

ミルクロード入り口までライダーがどんどん増えてきて集団ツーリングみたいになって楽しかった。

 

CB400乗りの地元民のライダーとガソリンスタンドで友達になる。

 

俺が角島通うように、彼も阿蘇に通ってるらしい。角島通えて良いなあ。って羨ましがられた。

 

 

ミルクロード入口まで案内してくれたので、迷わなかった。(とは言っても真っ直ぐ走るだけ)

 


f:id:kurochan719:20180329115458j:image

ミルクロード入口付近、桜は見頃でした。

 


f:id:kurochan719:20180329115607j:image

 

ここもミルクロード。

牛さん達が見えるでしょうか。

 


f:id:kurochan719:20180329115729j:image

 

茶色い。俺の想像していた阿蘇ではない。

しかしキレイではあった。写真では全く映えないが。

 

夏に来たらNo.1景色だったかもね。

 

 


f:id:kurochan719:20180329115920j:image

 

お土産屋さんで休憩。

 


f:id:kurochan719:20180329115956j:image

 

ドイツの国際コンクールで金賞とったとされるフランクフルト。

 


f:id:kurochan719:20180329120055j:image

 

こんな感じで、「コ」の字になってるのよね。お土産屋さんのあたりが端になってて、もう一端が大観峰です。

 


f:id:kurochan719:20180329120235j:image

 

到着でござい。

 


f:id:kurochan719:20180329120303j:image

 

平日だというのにライダーが絶え間なく来る。

 


f:id:kurochan719:20180329122200j:image

 

ほれ、反対側に来たぞ。

しかしまあ、停まってるバイクみると驚異的なNinjaとYZF率。

 

そして女性ライダーが凄いモテてる。

チヤホヤされてる。

 

女性で男にチヤホヤされたい人がいたら、バイクに乗ると良いかもしれないね。

 

きっとすぐ男に声かけられるよ。

男も同じライダー同士ということで話しかけやすいし、口実になるからね。

 

 

女性ライダーがチヤホヤされていた一方で、たいさんはサイドスタンドの部品が破損し、軽くピンチだったんだよね。

 

ああそこかああああって感じ。

 

サイドスタンドの強度や、サイドスタンドの付け根の取り付け部分の強度ってバイクによって違うらしいが、確実に劣化・腐食する部位なので、今一度点検しておく必要がある。

 

本来ならばやはりセンタースタンドを取り付けるのが理想なのだろうけど。

 

まあ、なんとかなった。

ただし部品は交換しないといけないね。

 

 
f:id:kurochan719:20180329123410j:image

 

阿蘇の景観の中を走りながらやまなみハイウェイに突入。

 


f:id:kurochan719:20180329123538j:image

 

大分県に侵入する。初大分県

やまなみハイウェイは走るの凄い楽しかった。車さえいなければ尚楽しかったなあ。

 


f:id:kurochan719:20180329123801j:image

湯布院が近づいてきたところで、バイク博物館とやらを発見。

 

時間に余裕があったので、入ってみる。

 


f:id:kurochan719:20180329123908j:image

 

想像以上に凄かったぞここ。


f:id:kurochan719:20180329124019j:image

ホンダが最初につくったバイク

 


f:id:kurochan719:20180329124108j:image

ドゥカティ アポロ

製造台数はこの1台のみ

2億円のバイクだって。

 


f:id:kurochan719:20180329124310j:image

 

上に乗っかってる黒いBMWカッコいいね。

 

 


f:id:kurochan719:20180329124402j:image

世界中を旅した何とかさんのバイク。

 


f:id:kurochan719:20180329124450j:image

バイクとセクシーお姉さん

 

 


f:id:kurochan719:20180329124529j:image

 

エルヴィスプレスリー

 

 

 

写真撮影は自由で、帰り際は逆に記念撮影しませんかと提案される。

 

ついでにコメントも一言要求される。

 

俺「えっ、一言ですか?、、、いやあ、でもおもしろかったですねえ~はい。」

 

 

おばさん「おもしろかった。。。(他にもっとコメントを要求する眼差し)」

 

 

俺「下関から来たんですけど、今度友達を連れてきます。」

 

 

おばさん「友達を連れてきますね!はい!(ニッコリ)Facebookに写真載せてもー??」

 

俺「どうぞどうぞ 笑」

 

 

というふうに、Facebookに載ります。

 

1階は昭和の物品博物館みたいなところで、2階、3階がバイク博物館で200台以上展示されている。

 

随所にバイクの名言や世界観を彷彿とさせる文言を読みながら結構長居できる。

 

おもしろかった。

 

そこからの道のりもずっと楽しかった。

 


f:id:kurochan719:20180329130018j:image

 

迫力の由布岳

ここから1時間くらいで峠を抜けて別府に到着できる。

 


f:id:kurochan719:20180329130151j:image

安い宿だけど、全然俺には調度よかった。

ネコもいて大変リラックスできた。

温泉入ったあと、テレビでサッカー観ながらお酒飲んで幸せだった。

 

 


f:id:kurochan719:20180329130708j:image

 

3日目につづく

 

旅先のソフトクリームの誘惑

 

 


f:id:kurochan719:20180329013601j:image

 

伊万里市に入りました。

棚田が見たかったのよ。棚田いいわあ。

NHKの新日本風土記でしか見たことなかったわ。

 


f:id:kurochan719:20180329014059j:image

 

東北は土地が余ってるから普通の田んぼしかないのよ。とても美しいね。

 

コースも峠道が楽しかったし気持ちよかった。伊万里高校、春のセンバツ甲子園出場おめでとう。

 


f:id:kurochan719:20180329014416j:image

 

佐世保市に到着した。

時刻は13:30ぐらい。

 初長崎県

ガソリンスタンドのお兄さんが前にERー4n乗ってたらしい。親近感湧いた。佐世保大好き。

 


f:id:kurochan719:20180329014735j:image

 

佐世保バーガー

ログキット佐世保駅店で購入。

 

駅裏の港で海を眺めながら食べたよ。

(ちょっとさみしい)

 


f:id:kurochan719:20180329014702j:image

 

デカイ船がいた。中国の船っぽい。

船の名前が~~新世紀!みたいな船名。

 

この港でも気温がポカポカで、気持ちよくて最高の昼寝コンディションなんだけど、そこをグッと堪えて次の目的地西海市に進む。

 

写真はないけど、途中ハウステンボスの横を通ったのよね。外から見てもすごいね、あの建築物。

 

佐世保から西海市に行くには、有料道路を使うか、一般の道路を使うかの2ルートで海を渡るんだけど、有料道路のほうが景色良さげだと思って選択。

 

おそらく失敗だった。

しかも有料道路の終点まで行ってみたら進み過ぎてしまい、引き返すはめになった。

 

東から西へ、ここも楽しい山道を抜けると


f:id:kurochan719:20180329015507j:image

 

期待通りの美しい海。

 


f:id:kurochan719:20180329020224j:image

 

何回写真撮ったかねえ。

 

途中道の駅夕陽ヶ丘で休憩したんだけど、優勝候補の阿蘇 大観峰を抜いて、そこの景色が今回のツーリング景観ではNo.1だったかな。

 


f:id:kurochan719:20180329020458j:image

 

写真には映らない美しさがあるから。

で、ここではもう、昼寝してしまった。

どんだけ眠いんだって思うよね。

 

いや、気持ちよくて、バイクで程よく疲れるとホントに昼寝したくなるんだよね。

 

スパって寝れるし、スパって起きれるんだ。

 


f:id:kurochan719:20180329020826j:image

 そしてスーパー。

 

長崎市に入りました。

YouTubeでチャンネル登録しているモトブロガーさんが訪れていた、長崎漁港がんばランド。

 

野菜も肉類もお惣菜もある普通のスーパーだが、売り場の半分は水産物ってところだけが、普通のスーパーではない。

 

漁港が運営してるのかな?

水産県長崎さすがだなって思いながら、夕飯の寿司とビールを購入。

 

 

その後、えらく迷いながら1時間半

 


f:id:kurochan719:20180329021536j:image

 

なんとか平和公園に到着。

平和の象徴の彼は人種を超越した人間。時に神、時に仏なんだとか。

そのマッチョさは象徴の絶対性を意味してる。

 

上に挙げてる右手は原爆のヤバさ

横に広げてる左手は平和を意味してる。

 

あと顔がめちゃくちゃ優しいのよね。

 

どんな意味が込められてあんな優しい顔になったのか書いてたけど、忘れてしまった。

 


f:id:kurochan719:20180329022946j:image

 

あたしんちのユズヒコ思い出した。

 


f:id:kurochan719:20180329023057j:image

 

しかしまあ、ネコがたくさんいたわ。

ネコかわいいわ。ネコも平和の象徴だわ。

 

平和公園の駐車場が公園の地下にあるんだけど、そこで駐車に手間取っていたら、駐車場の管理人のおじさんに助けられたんどね。

 

いろいろ親切にしてくれて感謝だったんだけど、ほとんど何を言っているのか聞き取れなかった。

 

「どこから来られたんですか~」

 

「下関から来ました」

 

ってやり取りのあと、何やらいろいろ駐車券の処理しながら話してくれてたけど、

 

やはり何を言っているのか聞き取れなかった。

 

「下関国際が~ΨΥ@'|∥?^…」

 

っていうので、あっ、センバツ野球の話かなっていうのがわかり、なんとか会話は成立させた。

 

おじさんホントに親切にしてくれてありがとう。

 

後の調べで、下関国際が長崎の高校と対決してたことがわかった。

 

 

ホテルを探しながら長崎の街中をうろうろ。

路面電車とかすごい。

 


f:id:kurochan719:20180329024019j:image

 

突然の観音様の出現に驚く。

 

 

急な坂道を上ったり下ったりしながら、ようやくホテルに到着。

 

荷物を降ろしたあと、身軽な装備で稲佐山展望台へ向かう。

 

 

 

展望台の有料駐車場が満車だったので、展望台の下の方にある無料駐車場に駐車。

 

仄暗い山の遊歩道を黒っぽい服装とニット帽を被った男が、イチゴ&ミルク500mlを手に黙々と登る。

 

地味に汗かく。

 


f:id:kurochan719:20180329024639j:image

 

突然の獣臭さを感じたら、鹿がいてビビる。

 

 

 

展望台への道の途中で、岩陰見晴台みたいな場所があって、ちょっと見てみようと思って寄り道したら、岩陰からおじさんが出て来て、

 

俺めっちゃ驚いてしまって

 

俺「ホワッッツ?!!!驚恐」

 

おじさん「へえぇ!!???驚驚」

 

 ってなった。

 

 

あれは二人して恥ずかしかった。

 

 

 

 
f:id:kurochan719:20180329024242j:image

 

展望台はすごい人の数。もうやだ。

リア充ばっかりだ。全員鹿に食われろ。

 

自分で言っといてあれだけど、草食動物の鹿に食べられるって、なかなかに地獄だね。

 

 


f:id:kurochan719:20180329025449j:image

 

電波搭がキレイ。

 


f:id:kurochan719:20180329025601j:image

 

ここもカップルゾーンだ。ふん。

 

 

夜景キレイだったけど、皿倉山のほうが勝ってる気がする。てか、長崎の夜景は山の上から見るより、街中から山を見たほうが綺麗だった。

 



f:id:kurochan719:20180329030118j:image

次回につづく

 

 

ヘルメット脱いだらだいたいオッサン

 

f:id:kurochan719:20180328233853j:image

 

 

【九州ツーリング】

 

走行距離 752,9km

走行時間 28時間

休憩回数 33回

所要金額 34195円

平均気温18度

ヤエー回数 41ヤエー(車も含む)

知り合った人数 9人

トラブル 2回

通行止めを強行突破 1回

 

もう一度行きたい場所

やまなみハイウェイ唐津市椿堂・岩下バイク博物館

走行行程


f:id:kurochan719:20180329000608j:image

 

天気に恵まれ、気温に恵まれ、走行コースも距離的にちょっと余裕ないかと思いきや、3日間とも調度いい塩梅の距離で、最高だった。

 

そんなもんだから、荷物の大半を占めていた雨具や防寒グッズが1回もバックから取り出されることなかったわけです。

 
f:id:kurochan719:20180329001035j:image

 

【持っていった荷物】

 

(服装)

ヘルメット

ニット帽(バイクから降りた時用)

ネックウォーマー

ジャケット

トレーナー

Tシャツ(計3着)

パンツ(計3パンツ)

ロングタイツ

ユニクロ防風ズボン

靴下(計3つ)

ライディングシューズ

グローブ(計3つ)

時計

レインジャケット(上下)

 

(電子機器)

スマートフォン

iPod

インカム

Gopro(Goproではないスポーツカメラ)

各々充電器

 

(ツーリンググッズ)

免許証

保険証

財布

タンクポーチ(高速道路料金所対応用)

タンクバック(地図参照用)

シートバック

リュックサック

スマホポーチ

ツーリングマップル

バイクシート座布団

メガネ

折り畳み傘

ウェットティッシュ

フェイスタオル

バスタオル

歯みがきセット

目薬

コンタクトレンズ

御守り

ライター(カッコいいから)

筆箱(学生だから、ついつい入れちゃう)

 

 

(持っていかなくて後悔したもの)

 

剃刀

ホテルの備えつきの剃刀は糞だと知っていながら何故持って行かなかったのか。

 

クロックス

いちいち宿泊施設でライディングシューズ脱いだり履いたりするの面倒くさかった。

 

(持っていって大活躍したもの)

 

ツーリングマップル

想像以上に活躍した。どのルートが楽しいか明記されてるのが大きい。間違ってもスマホGoogleマップなどは使ってはいけない。

 

クレジットカード

ETCカードが間に合わなかったのだが、高速道路は基本的にクレジットカードに対応しているので、スムーズに料金所を通過できた。ただし有料一般道路は使えない場所もあるので、小銭を収納できるポーチなどを着用するべし。

 

ウェットティッシュ

走行中に虫がシールドに衝突し、汚くなります。嫌なので休憩の度にウェットティッシュで拭き取っていたので、すぐ取り出せる場所に収納すべき。

 

スマホポーチ

リュックの肩に装着して、簡単にスマホを取り出すことを可能にした。タンクバックに収納してもよいが、取り出しが若干面倒になる。

 

 

 

【3/26】

(経由地)唐津市伊万里市佐世保市西海市長崎市(ホテルポートウイング)

 

(ミッション)

関門橋を渡る動画を撮る

唐津街道を通る

虹の松原を通る

唐津イカを食べる

佐世保バーガーを食べる

長崎サンセットロードを通る

平和公園に訪れる

稲佐山から夜景を撮る

 

 

下関ICから関門橋で動画は撮れたんですけど、高速道路であんまり余裕なくてですね、景色もテンションもMAXファイアだったので、余計なミッションでしたね。

 


f:id:kurochan719:20180329010540j:image

古賀SAで朝ごはん。

だいぶガッツリ食べてしまったね。

 

博多の都市高速に入って、海沿いの方から南に進んだら、いい感じの橋の上を通れて良かったですね。

 

バイクで橋渡ると最高だよね。

 

一般有料道路も終点まで走り、あっという間に佐賀県に侵入。初佐賀県である。

 


f:id:kurochan719:20180329011320j:image

 

海沿い走ってて思ったけど、西の海はキレイよね。

 


f:id:kurochan719:20180329011452j:image

 


f:id:kurochan719:20180329011514j:image

 

桜はまだ2分咲きって感じ。でもやっぱり九州だね。桜の開花が早い。

 


f:id:kurochan719:20180329011728j:image

唐津城

 

唐津市に到着。街並みが和のテーマが徹底されてる印象。あの毒々しい色合いのディスカウントストア コスモスも、景観を損ねないように茶色っぽくなってた。

 


f:id:kurochan719:20180329012039j:image

虹の松原

 

どこが虹なのかはわからなかったが、松のトンネル良かった。延々と松のトンネルが続いて、走ってて気持ちいいし雰囲気も上品で好き。

 


f:id:kurochan719:20180329012319j:image

 

ハーレー乗りと唐津バーガー食べたよ。

 


f:id:kurochan719:20180329012515j:image

 

その後海っ端で気持ちよくて、ゴロゴロしながら休憩してたら寝過ごしてしまい、時間的にしんどいと判断し、残念ながらイカの刺身ミッションは断念。

 


f:id:kurochan719:20180329012739j:image

 

次回につづく

変態紳士であれ

 

バイク乗りはなんで粋がる人が多いのか。

 

もはやそういうイメージも定着しつつありますね。

 

暴走族とかが、真っ先に想像できるかと思うけど、彼らもだし

 

なんか、YouTubeのモトブログのコメント欄とか見てても、やたらと攻撃的なコメントが多いなあ、ていうかイキってるんだよね。

 

カッコいいとか、ロックだとか思ってるのかな?超ダサいなって思う。

 

バイク乗るからには基本的に格好つけたいんですよ。自分の格好いいバイクに乗って自分も格好よくなれる気分になれちゃう乗り物なんですけども、

 

格好の付け方というものがありますよ。

 

ツッパリヤンキースタイルとか、いつの時代だよって思う。たいさん産まれる前の時代じゃん。

 

時代はキングスマンだよ。

ライダーもキングスマンであるべきよ。

派手に粋って「氏ねゴラアア」って殺すより、

無言で華麗に殺す時代なんだよ。

 

バイク乗りはじめてまもなく1年の初心者ライダーだけども、どう考えたって負の文化。

 

イメージ悪いじゃん。世の中から敵視されるじゃん。誰のせいよ。

 

僕もね、そりゃツーリングしてたら変なドライバーとか、危ないチャリとか歩行者に遭遇しますよ。

 

舌打ちしますよ。これは車のドライバーもそうだけど、運転中は神経質になっているから、危ない奴に対してすぐ怒りの感情が出てくるのは当然だと思う。

 

でもね、中指立てたりしません。

 

僕はヘルメットのシールド開けて、

 

黙って車の横に付けて、ドライバーを見つめます。

 

気味悪いでしょ。

 

 

 

 

でもね、小さい子どもや、中学生とかに街中で

 

ライダーってカッコいいなあって思われるような、そんな乗り方したいわけだよ。

 

怖いなあとか、嫌だなあとか、

そういうイメージはプラスにならん。

 

時代は変態紳士なんだよ

 

 

 

記憶している人として

 

父方のおじいちゃんは仙台の実家に一緒に住んでたのだが、俺が中2の時に亡くなった。

 

夏休み中で、部活の練習終わってから家のリビングで戦国無双2やってたところに、当時小学生の妹が「お兄ちゃんおじいちゃん息してない」って走って伝えにきた。

 

俺はおじいちゃんの部屋に行くと、

もーちゃん(祖母)はパニックになりながら救急車に連絡してて、妹はおじいちゃんの横でなんやら叫んでて、

 

俺は息してないなら人工呼吸しなきゃと思って、トライしたんだけど

 

当時人工呼吸も心臓マッサージも、正しい方法を知らなかった俺はイメージだけでトライした

 

今思うと吹き込んだ空気は鼻から漏れてたろうし、心臓マッサージは力も弱かったろうしで、結局おじいちゃんは亡くなった。

 

 あれから何度も救急救命講習受ける機会あったけども、未だにちょっと後ろめたさみたいなものを感じるんだよな。俺がやると助けられないんじゃないかみたいな。

 

10年前の出来事をこんなふうに克明に覚えてる。

 

で、今年の正月。

おじいちゃんが志津川(南三陸町)が好きで通っていた話を前からよく聞いてはいたんだけど、暇だったもんだから、車で1人行ってみることにしたんだよね。

 

震災から7年経った今を見るみたいなつもりではなく、おじいちゃんの好きで通っていた場所がどんな場所だったのか行ってみたかったわけで。

 

利府から三陸自動車道にのると一時間で石巻に着く。

 

で、石巻からは海岸沿いを女川経由して志津川行ってきた。

 

石巻も女川も基幹産業は水産業なんだけども、印象として石巻が去年から変わってたのは復興公営住宅が建ってたところ(人が住んでる気配はない)

 

人が閑散としてたのは正月だからだと思ったんだけど、イオンとパチンコ屋はえらく賑わってた。

 

今っぽい風景だなあって思った。

 

女川以北はリアス式海岸が続くんだけど、入り江が現れる度に立派な港と防潮堤が整備されてることにびっくりした。

 

陸には街があるわけでなく、工事現場。

テレビ観てると復興がある程度進んでるんだなって思うけど、実際行って風景みてきて受ける印象は「工事現場」だと思うよみんなもきっと。

 

復興は確かに始まっているんだけど「継続」していくっていうのは、どんなに頑張ってもどうしようもない問題がでてきているはず。

 

生産業だと事業をせっかく再開しても、震災前の需要を得られずに経営が成り立たない話や、飲食店みたいなサービス業なら仙台みたいな都市部に人口が流出してるから、人を呼ばないといけない。

 

そういう、いよいよ「経営」って問題になると別次元になる。

 

立派な港やかさ上げされた土地を作っても、今さら住む人どれくらいいるのか。

 

7年目は「もう7年」じゃないのよ。

「まだ7年」の世の中だからみんな震災を記憶しているし、テレビで震災特集もやるし、被災地に足を運ぶんだよ。

 

だけどこの先20年、40年先の三陸の風景はどうなっているんだろ。50年先に三陸で震災経験してて、その地に生きていくと覚悟して、復興の志を持っている人はどのくらいいるのか想像してみる。

 

 

 

 

志津川で仮設のセブンイレブンでお茶買って、当然海を見るしかなかったのよね。

 

 


f:id:kurochan719:20180311101726j:image

 


f:id:kurochan719:20180311101750j:image

 


f:id:kurochan719:20180311101809j:image

 

 

俺のスマホの写真では多分伝わらないけど、綺麗な海だった。