第3回 おっさんが堕ちる謎 【バイト】

 

 

昨日塾長先生と話してて思ったこ

 

 

生徒さんに質問させてばかりいると、生徒さんの学力は上がらないという客観的データが存在してることに、まず俺は衝撃を受けたんだけど、

 

言われてみればたしかにそうだわ。

 

自分で考えて考えて、それでもどうしようもない純度の質問してくる 生徒さんはいいんだけども。

 

生徒さん「先生わかりません」

 

俺「どこがわからんの?」

 

生徒さん「全部わからん」

 

 

こういう生徒さんは、問題文すら読んでない。考えるのが面倒で、問題文読むのも面倒だから俺に問題文の解説をしてもらうために手取り足取りしてもらうつもりなんだと思う。

 

 

当然だけど、考えることを放棄している生徒さんの成績は俺がどんなに手取り足取り教えても伸びない。

 

将来も、手取り足取り教えてもらえるとは限らんし、考える能力も持たないでいると、それはもうそういう身分で生きていく他に路はないなあって思う。

 

 

このあいだバイト中にプチ怒したんだけど、内心ではブチってた。

 

 

 

 

あと、塾長先生が

 

塾長先生「人は堕ちるもんだから」

 

って自身を揶揄するように言ってたんだけど、それは俺も父親を見ながら思ってた。

 

 

父親も経営者として実力があって、必ず結果を残してきた人だし、俺は幼い頃から現在まで尊敬しているけども、数年前あたりから父親は劣化してきてる。

 

昔は絶対言わなかったことや、やらなかっか行動をとって、残念に思うことがある。

 

 

昔からそうだったわけではなくて、変化して劣化してて、父親自身も自分が劣化してることを自覚してる。

 

 

だから昨日塾長 先生が言った

「人は堕ちるもんだから」って言葉を聞いて、ああ、おじさんは堕ちる説が俺のなかで確立しつつある。

 

 

第2回 強さとは【観想】

 

2017年 9月28日

 

 

カードバトルゲーム、シャドウバースがメンテナンスに入った。

 

新カードパックの配信のためだ。

 

18パック、新カードパックを引いたがレジェンドカードは1枚も出なかった。

 

残念なことだが、そんなことはどうでもいい。

 

本日話したいのは、

 

シャドウバースにしろ、何にしろ、ニュートラルなスタイルこそが最強ということだ。

 

 

シャドウバースでは大きく分けて7種類のデッキがある。

 

各々特徴があり、戦術も違えば強みも弱点も違うから、ニュートラルカードによって限定要因を埋める。

 

ニュートラルカードは、全てのデッキにおいて必要とされる存在であり、全てのデッキにおいて通用する種類である、オールラウンダーなのだ。

 

ニュートラルカードの戦力の話ではなく、どこでも活躍でき、必要とされる存在というのが強さだと考える。

 

 話は変わるが

バイクもまたニュートラルだ。

 

この乗り物はいろんな場面で活躍できる。

 

単なる移動手段としては、車と同じ顔して街乗りや高速を走れる。

 

更に車と違って狭い路地もスイスイ走れる。

渋滞時も横をすり抜けられる。

 

駐車する時は駐輪場に自転車の仲間の顔して駐輪できる。

 

普段乗り以外でも緊急時、例えば震災の時はバイクは役に立った。

 

バイクは様々な場面で特をしており、活躍できるニュートラルな側面を持っていると1年経ち、気付いた。

 

 

人間にも、どこにいっても、何をやっても通用する・成功するであろう人が周りにもいるでしょう。

 

ニュートラルなスタイルはすなわち独立性を意味する。

 

言い換えると強さはきっと独立性なのだと思う。

 

 

これから世の中が大きく変化していく時代のなかで最も優れた種類のカードは、紛れもなくニュートラルカードだと思っている。

 

 

 

 

 

第1回 生命の神秘【観想】

 

 

生命の真の目的は、記憶することである

 

 

 

この広い、広い宇宙の掌の中で

僕らが何億年前からか、種の存続のために競争を続けて、進化してきた経緯がDNAに記憶されている。

 

 

当の本人である生命は、よくわからないながらにも、死ぬのは嫌だし、ご飯美味しいし、セックスは気持ちいいし、寝るのは幸せだから

 時には殺しあい、時には共生して過酷な生存競争を続けてきたのである。

 

つまり、生存競争の結果、地球の環境変化に耐え得る多種多様な生物形態が誕生したが、多くの生命にとって種の存続は重要でありながら意味は持たないということだ。

 

僕ら人間も、意味なんて最初から無いと薄々感じながらも同じことをしている。

 

 

種の存続=記憶を遺すこと

 

 

大宇宙の天文学的確率母数を前にしては、何の意味も持たず、ありふれた、またもや消えていく流れ星のような記録媒体なのかもしれない。

 

 

しかし、今まさに、当たり前過ぎて認識されないが、世間で起こっている出来事のほとんどの原因はこれであるということ。

 

 

 

Question

何故戦争やイジメのような暴力が無くならないのか

 

 

Answer

種の存続のため(自身の立場を優位にして種の存続を図るため)

 

 

 

Question

どうして男子は変態なんですか

 

 

Answer

種の存続のため(人生に明るさをもたらす)

 

 

 

Question

楽天は首位を維持できず、パ・リーグソフトバンクが優勝しました。何故ですか?

 

 

Answer

種の存続のため(鷹と鷲は、お互い競争相手なため)

 

 

 

Question

日本の水産業が衰退している原因を答えよ

 

 

Answer

種の存続のため(経済的側面が大きいが、資本主義経済とは競争、つまり巡り巡ってそうゆうこと)

 

 

 

人類、いや生命史上最大の謎に迫るテーマを根拠に

 

 

僕らが記憶を残すことの意味を、命を繋ぐことに意味なんてないのではないかという疑問にアンチテーゼを提唱していきたい。

 

日常生活や、趣味の話や、流通経営学科の闇をここに記録していくつもりでいる。