読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1話 守衛さんにもイロイロある

 

拝啓

1年のヨット部員がウエットスーツを手に入れ始める季節になりました。

 

俺はギルのウェットスーツ(44000円)を初着用し、温かみをありがたく噛み締めながら過ごそうと思っていたんだけど、

 

470の艤装とモビーの荷物を部室から運ぶ作業で汗だくになりながら、マジで後悔してた。邪魔だった。(44000円)

 

 

てか470の艤装ってなんであんなに汗かくんだろうね。特に激しい動きをしてるわけじゃないのにね。

 

ヨットはいろいろと眼には見えない力が働いている乗り物だけど、さすがに謎だね。

 

 

 

本日の天候 くもり

気温 暖かい

風向 東風

風速 午前4m 午後1~2m

 

さて、3年生の先輩方が引退されて学祭が終わり、モビーが綺麗になって古宿に戻ってきていよいよ練習が再開しました。

 

午前中は470(4026)のクルーで乗りました。

トラッピーズに出てからジブが短いことに気付いたり、ヒールを確認するためにバウ先ばかり見て周りが全く見えていなかったりと、反省はあれど久しぶりに乗れて楽しかった。

 

午後はシングル(白艇)に乗ってのんびりセーリングを過ごしてた。

 

俺は微風も強風も好き。

あと膝枕も好き。

 

のんびりというのも、午後は風が落ちて夜巻が古宿に出現する条件が整っていたわけだけども、鶴ちゃんが何とか感情をコントロールして夜巻を抑制して頑張っていた。(残念ながら顔は完璧に夜巻だった)

 

なんか人狼みたいだね。

人狼ゲームやりたい。

 


f:id:kurochan719:20161017154931j:image