読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第5話 紙テープは全員持たなくてよかった


f:id:kurochan719:20161023201119j:image

 

乗船実習を見送る有志のスタンバイ

 


f:id:kurochan719:20161023201416j:image

 

3人の先輩方を乗せて旅立つ耕洋丸

 

 


出港の時の見送り風景って素敵だね。

見送りに行って、写真撮ったり、手を振ったり、テープ投げたり、

 

名残惜しむ人と人とのコミュニケーションが、俺の心にじんわりと沁みた。

 

 

 

午後は古宿に戻ってヨット備品や艇の泡々作業。俺は4026のジブシートの作成を任命された。

 

4026のジブシートが短いのは、さとみん先輩がコックピット内でなるべくシートをスッキリさせておきたいとのことで必要最小限の長さに調節されてあったらしい。

(たいさんにはちょっぴり短かった)

 

玉結び玉留めもいい加減覚えた。

(やらないと忘れるよね)

 

 

 

年末はヨット部の合宿で、みんなでクリスマスを祝い27日に合宿を終えて、29日に仙台帰る予定でいます。

 

今週中にでも帰宅ルート考えておこうと思うけど無難に新幹線で帰ろうかな。

 

 

みんな成人式があるみたいですね。

素敵だね。成人かよ。大人ですやん。

 

再来年になるけど、ヒロが20歳の誕生日迎えた日はやばそう。浴びるほど酒飲みそう。

 

お酒で思い出したわけではないけど、水大ヨット部は毎年この時期「関釜」と呼ばれるイベントに参加しており、なんか大変でヤバイらしい。

 

 韓国語少しでも話せるようになっておいた方が楽しいよね絶対。

 

「私はたいさん、ヨット歴半年、下関で一番信頼できる、少女時代にハマってた、キムチチャーハンが好き、お金に困っている、20万ウォン貸して」

 

 

何事もなく終わってくれればそれでいい。