無責任

 

 

車を納車したから、駐車場も契約したんだよ。

 

初回に何やかんやで8000円くらい。

その後は月額3000円。

 

 

ある日、車を駐車しようとしたら俺の駐車スペースに別の車が停まってたんだ。

 

その車はうちのアパートでは前々からよく見る車で、所有者もうちのアパートの住人なのは知ってる。

 

俺は車停められないし、所有者がどこの部屋に住んでるのかもわからんので、困って不動産屋に連絡。

 

不動産屋に車のナンバーを教えたら、駐車場の契約をしてない車のようなので、ギルティであることが確定。

 

不動産屋は無断駐車のチラシを配るくらいしか対応できないようで、警察に連絡してくださいって言われた。

 

その日はバイトがあったので、警察に連絡するのが面倒だから見逃してあげたんだが、また本日も俺の駐車スペースがお気に入りらしく停めてる。

 

 

金払わん奴が駐車して、金払ってるこっちは駐車できないで車の置き所に困る。

 

金払うのも馬鹿馬鹿しくなってくるけども、だからそもそもお金なんか払わなきゃいいって考える人がまわりに結構いる。

 

自分の都合に良いか悪いかが判断基準みたいな。

 

 

 

 

もう一つ、今週技術者倫理の授業で、グループワークの発表があるんだけれども、そこでも同じようなことが。

 

他の学科の初対面の学生とグループ(7人)を組まされて、意思統一をしながら考えをまとめて発表しなければいけない。

 

俺の班はみんな協力的で各々責任感を持って仕事を自らしてくれる最強メンバーで、今週の発表もなんとかなると思う。

 

しかし、これは奇跡的なパターンであり、

他の班の状況を聞くと、はじめから他人任せでなるべく見守る係に徹する人や、知らないふりをして難を逃れようとする輩の多いこと。

 

仕方なく班の中で真面目な人が一人で孤軍奮闘するしかないようで。

 

結局真面目な人って一番損するんだが、不真面目な人はそれを知ってるから、自分は損しないように不真面目側にまわるんだと思う。

 

がんばる人ががんばるほど、まわりはそれに任せたほうが上手くいくし、自分は楽できるから合理的だと思ってるんじゃない。

 

 

無断駐車の奴と一緒で、自分が得をするためなら人に損を押し付けるのは合理的と考えている人らは、人を人ではなく手段として考えてる。

 

だけどそうゆう人って、社会では周りにそうゆう人間だというふうに一段下に見下されてる。

それだけならいいけども、俺の周りには救いようがない奴は周りから自然淘汰を受けてる奴もいる。