寝れん

 

僕の住んでる地区では、一年間新聞を無料で契約できるお試しサービスが実施されているようで、新聞とってる学生が多いわけで、僕もその1人です。

 

んだけどその新聞、ビニールに包まれて配達されるんだけど、ビニールに包まれたまま捨てられてるんだよね。

 

どうでしょう、なんなんでしょうこの気持ち

 

読まれないまま捨てられる新聞の気持ち

 

毎朝ゴミを宅配する配達員さんの気持ち

 

毎日ゴミを宅配されて部屋が散らかる学生の気持ち(地味にゴミに出すのも紐で結んだりしてめんどくさい)

 

 

誰が得しているのか知らないが、誰も損しているわけではないと思うので、僕は心を無にして1面の太字にだけ目を通してゴミに出します。

 

あれよね、読者に対して新聞の発行部数が過剰供給で無茶苦茶余ってるみたいだね。それを学生に配布しよう的な企みかな。

 

俺思うんだけどさ、ニュースとか情報って目で文字を追って読むより、耳で聞きながら情報を得たいと思ってる人って結構いるんじゃない?

 

新聞とかを音読したやつを聞けるサービスあったらいいなあ。

 

それ聞きながら食器を洗ったり、シャワー浴びたり、モンハンの納品クエストとかしたいわー。

てかカッコいい。未来っぽいー。

 

できなくもないよね?あるのかな?

 

って調べたら普通にあった。

未来っぽいー。とか思って全然今あった。

 

目で文字を追って読む行為は無くならないと思うし、俺もやるけど、最近はわずかな労力を惜しんでサービスを選択してるなあって実感してる。

 

フェリーの予約しようとして、会員登録しないといけない時点でもうフェリーやめて新幹線(比べて1万ほど高い)にしようか思ったけど、なんとか踏みとどまり、

 

会員登録して予約したらその予約確認したやつを印刷しなきゃならないらしくて、もうやめた。

 

メンタルブレイク

 

もうついていけない

 

別になんかそこまでしてフェリー乗りたいわけじゃない感が湧く

 

 

 

だけど冷静に考えて1万ほど浮くんだよね。

 

俺はネットのページを印刷する手間と1万を天秤にかけて、そのわずかな労力のほうが重たいと感じてしまう程になってしまっている、

 

その名も労力ケチ(怠け者)になっている。

 

 そういうわけですよ。

 

 効率性とか重視してる人が実は多いんじゃないかと僕は思ってるんですが、どうですか労力ケチ(怠け者)の皆さん。

 

 

最短・最小限の授業の出席と勉強で単位を取得するのが至高の勝利であるという考えが、この効率主義。

 

だけど効率主義=労力を惜しむってわけではなくて、効率を上げるためにはどんな労力をも厭わないという性質を持ちます。(バカかもしれん)

 

 

対極に位置する考えが、

 

授業に出席して学ぶことに意味がある。少しでも時間をかけて最大の労力(勉強)をすることが目的であり、自分の力とすることが勝利とする目的主義。

 

この目的主義こそが正しくて理想的だとみんなわかっているはずなんだけど、効率主義に流されているっていうか、毒されているっていうふうに僕は思っています。

 

折角だし新聞読んでみるべし。