#2 女子会に参加したい

 

アメリカのコメディって90%下ネタだよね。

 

小学生の頃『ナッティプロフェッサー』っていうコメディ映画観たんだけど、その映画の主役の鬼デブ変態教授が放った台詞が今でも脳に染み付いてる。

 

「僕のナニと君のソレで作ったホットドッグをペロペロしたいな」みたいな。

 

 

横で観ていた妹(6~7歳くらい)が何のことかわかってないだろうに、爆笑してた。

エディーマーフィー(鬼デブ変態教授役)の顔芸で笑ってたのかな

 

子供ながらにアメリカの笑いはなんて下品なんだと思った。

 

 

 

 

エピソード3【無憂庵】

 

 

もう何週間か前になってしまったけど、山口市のほうの寺カフェを目指して行ってきました。

 

今回はお供に2人。

食堂ボランティアエースにして卓球部副キャプテン、フルマラソン二回走破して富士山にも登頂しており、次はSASUKEに出場して第一ステージをクリアするのが目標の苦行チャレンジャーしんちゃん。

 

そして、今自動車学校で1番うるさい悲鳴を出しながらバイクの免許獲得や、簿記、フランス語検定などいろいろスキルを身に付けているが、1番凄いスキルは無限連射トークのダイセキさん。

 

 

そしてわたくし、特技は定休日の店の前で立ち尽くすこと、たいさん。

 

 

この流通下ネタ大好き3人で車で行ってきました。

 

 

僕は就活とか卒論とかゼミ配属の話とか迫り来る真面目な話をしたいと思って二人を誘ったんだけど、

 

 

まあ車での話題は大体アメリカのコメディと同じだった。むしろもうちょい低俗だった。

 

 

ほとんどウンコの話だった。

 

 

 

なんでウンコの話ってみんな盛り上がるんですかね。

 

 

そうこうしてるうちに到着するのですが、とてもオシャレなカフェがあるような雰囲気ではなく、僕ら3人はとてつもない場違い感に包まれました。

 

 

なんか本堂のところに男おみくじ、女おみくじとやらがあって、困っていた僕らはそれを引いたのですが

 

 

たいさん 大吉

キーワード「情」

 

だいせき 吉

キーワード「愛」

 

しんちゃん 中吉

キーワード 「雄」

 

 

 

しんちゃん十分雄なんだけどね。

下ネタ大好きの僕らは"しんちゃんの雄"がジワジワきてしまい、ガハガハ笑いながらその場を退散しました。

 

寺カフェとは如何なるものか僕もよく知りませんが、少なくとも飲食店は下ネタを話す場所ではありませんね。

 

 

チラッとそれっぽいところはあったのですが、寄らなくて良かったと思います。就活とか卒論とか憂いながらお茶飲んでも美味しくないですからね。

 

しばし現実を忘れて楽しい休日になりました。

 

 

エピソード3【無憂庵】  終

 

 

 

 

 

山口市山口県の県庁所在地ですが、田舎です。

 

しかし、とても良い街の雰囲気があります。

 

 

 

エピソード4【2本のみち】

 

結局無憂庵を後にして、「むくの木」という喫茶店に入りました。

 

ここはもうこれで4回目の知ってる喫茶店です。

 

あそこのまるで木の中のリスの家みたいな店内とオーナーさんの渋いコレクションが並んでる雰囲気が僕の心を落ち着かせてくれます。

 

山菜ピラフが美味しいですよ。

 

 

茶店出たあととても気持ち良かったので、周辺を散歩しました。

 


f:id:kurochan719:20181108231151j:image

 

これは夏頃に撮った写真で、その時の写真ではないけど。

 

 

山口市には国道9号が南北を貫いていて、どこの都市にも見られるバイパスの風景と、

 

一本外れて山口市ならではの雰囲気を見せる県道204号が国道と平行して南北を貫いています。

 

県道204号は美術館や昔からありそうな個人商店街などが並んでおり、おそらく旧道バイパスだったのではないかと推測します。

 

 

二本のみちはまるで対照的です。

片方は合理的に真っ直ぐ伸びていて、皆がよく知るユニバーサルな風景。

 

片方は付けたし付けたしでぎこちない線で、車でスピードが出しづらく、ユニークでおもしろいお店が並ぶ風景。

 

当たり前ですが、バイパス道路とはその街に用事はなく、車の流れをどんどん良くする目的の道路です。

 

対して街のメインストリートはその街に用事がある、留まるゆっくりした流れがあります。

 

 

どちらが良い道で悪い道とかいう話ではありません。

 

対照的なのが気になるという話でもありません。僕の地元宮城県仙台市も同じで2本のみちの環境が形成されています。

 

 

僕が興味深いと思うのは栄え方です。

 

 

経済的に発展成長を追及していくと、どんどんユニバーサルになっていきます。ユニクロとかトヨタとか。

 

 

しかし、ユニークなお店って癖が強いからお客さんを選ぶんですよね。でも盛り上がってるじゃないですか。

 

経済的に栄えているのに対して、文化的に栄えてるって言えば良いんですかね。

 

 

水産業にも言えることがいろいろありそうですが、みんなはどう思いますか。